お父さんスイッチ
先日、お土産で頂いた『辻口博啓さん』のお菓子をペロリとたいらげた後に散乱された箱を見て何やらひらめいた双子。
(基本・・・おいしいお菓子は即日なくなってしまいます)

ママ、ストローない?輪ゴムしらない?
何やら盛り上がっている様子。

それぞれに道具を渡して出来上がりを見てみると・・・

1号は輪ゴムを張って、三味線?もどきを作りました。

2号はピタゴラスイッチでおなじみの『おとうさんスイッチ(おじいちゃんも可) 』を作りました。

丁度そこへ、夫が帰ってきたのでやってもらいました。

◆お父さんスイッチ『あ』
 あかりをつける

◆お父さんスイッチ『い』
 いないいないばぁをする

◆お父さんスイッチ『う』
 う○ちをする

◆お父さんスイッチ『え』
 えを描く

◆お父さんスイッチ『お』
 おならをする

とまぁ・・・下品な仕上がりになってしまいました。

これは、スイッチを作る事よりもネタを作成する発想力の方が大切なんだ。奥が深いなぁと関心しました。


そして今朝・・・
ノロノロご飯がなかなか進まない娘

1号ちゃんスイッチ『あ』
 朝ごはんを早く食べる

という風に使ってみました。
スポンサーサイト

テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

Secret
(非公開コメント受付不可)

やったやった(^。^)
よくやられたわ!
でも発想力のない僕にとってちょっとやな時間やったなぁ(;。;)
そろそろ下の子もやりたそうなかんじ...
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索