スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3びきのやぎのがらがらどん
我が家の姫たちは、保育園の表現会で「3びきのやぎのがらがらどん」をやるそうです。

3匹のやぎのがらがらどん


2人にどんなお話でどんな役なの?と聞くと・・・
1号「トロルー」
2号「大きいやぎ」

と教えてくれました。
さっそく2人でプチ表現会が始まります。
お話が進むにつれ・・・トロルってちょっと意地悪な感じの役。
そして最後には大きなやぎとの戦いがこれって・・・

と思いながら本文を検索

以下が本の概要です。---------------------------------------------
三びきのやぎが 森のくさばで太ろうと 出かけていきます。
森へ行くには 橋を渡らなければなりません。
でも、その下には恐ろしい トロルが 住んでいるんです。
三びきのやぎの名前は、どれも「がらがらどん」。
まず、はじめに ちいさいやぎの がらがらどんが、
次に、二番目のやぎの がらがらどんが橋を渡ります。
そして一番大きい がらがらどんが トロルと戦います。
『だれだ!俺様の橋を かたことさせるやつは!!』
小さいやぎも、中くらいのやぎも、後からもっと大きなやぎが来る事を知らせて助かります。
『そんなら、とっとといっちまえ!』
そして、大きいやぎとトロルが戦います。
迫力のシーンで、トロルをこっぱみじんにやっつけます。
ほっと、したところで「ちょきん ぱちん すとん」 
---------------------------------------------------------------


なーるほど・・・・
どうりで先生との交換日記に「1号ちゃんは自らすすんでトロルになる!!」と言っていました。と強調されていたのですよ。

要するに、表現会という舞台の上で1号VS2号を見るというお話になってしまったようです。
今から表現会がとっても楽しみです。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付不可)

最近のコメント
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。